忍者ブログ
足やせコースの紹介です。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自転車に乗って足やせをしてみましょう。と聞くと足が競輪の選手みたいに筋肉で太くなってしまうのではなでしょうか?って不安になる方もいると思います。

競輪選手は短い距離を全力で最大限の力で走れるように負荷をかけたり、ウェイトトレーニングをしたりと特別なトレーニングをしているから、太ももの筋肉が発達して太くなってしまうのですが、普通の人が普通の自転車でどんなに長い時間乗ったとしても、ああいう鍛えられた太ももにはなりませんので安心してください。

足を細くする自転車の乗り方ですが、ママチャリのような自転車でも出来ますが、出来るだけマウンテンバイクのようなスポーツ車の方がより効果は上がってくると思います。
特別な乗り方はありませんが、乗ってて気持ちいいなぁ〜って思うギアの重さよりも一つか二つほど軽いギアの重さにして負担がかからないようにして、くるくる回すような感じでペダルをこぎます。

この方法で1回30分以上、週に2回くらい、3ヶ月ほど継続していただくと、何も運動をしてこなかった方でも太ももが2〜3センチ位は細くなるそうです。
特に女性に効果が現れやすいみたいです。
それと、継続する事が大事ですので是非やってみてくださいね。

この方法を成長期の子供がやってみると、足が長くなるみたいです。

但し、元々筋肉で足が太い方には更に筋肉などが付き太くなってしまい不向きなので自転車での足やせ方法ではなく、別な方法で足やせする事をお勧めします。

いま、人気の足やせなら・・・
PR
足やせ出来る方法に「立ち方」があるそうです。

○正しい立ち方
1.両足を肩幅に開きます。
2.背筋を伸ばして胸を張ります。
3.あごを引きます。

上記の内容で分かりにくい方は、壁を使います。
壁にかかと、お尻、背中、後頭部を付けます。

この姿勢を自然と出来るのであれば良い姿勢と言えます。
自然に出来ない場合は、姿勢が悪く身体のバランスが崩れている可能性があります。
立っているときに左右どちらかの足に均等に体重はかかっていますか?どちらかに体重をかけて立っていると骨盤が歪んでO脚になったり背骨が曲がってきたりします。

正しい姿勢だと背筋が伸びて見えるし、背も高く見えて遠くから見たときかっこよく見えますよね。

どうしてダイエットをしようと思ったのかよく考えてみてください。
キレイに見られたいとか、かっこよく見られたいとかからですよね?
それならまず姿勢を直すことから始めてみましょう。
猫背の自分を鏡で見てみてください。かっこ悪いですよね・・・
これから鏡で見てもカッコイイと思えるような自分になれるように頑張りましょう。

そこでお腹を引っ込めるように意識してみましょう。いつでも腹筋を鍛えてる事になりますし、多少お腹が出たとしてもごまかせるようになります。
それと、お尻に力を要れ、締めるようにも意識してみましょう。そうすれば筋肉が付いてヒップアップもできますし、骨盤のゆがみも解消され、O脚修正の効果も出てきます。

さらに、足の内側に体重をかけるようにしてみましょう。(足の親指と内くるぶしの間くらいに体重をかけるような感じ)、内側に体重をかけると少しでも膝の隙間が減りますよね。歩くときも親指でけるように歩いてみてください。そうすると基礎代謝アップにも効果が出てきますよ。

ちょっとずつ努力をしてきれいにかっこよくなっていきましょう。

足やせ
に必要な測定機器を少しご紹介します。

○体組成計
これは必要ですね。
体脂肪率
が計れるのはもちろん、筋肉量とかも計れます。
体重しかはかれない体重計なんて、必要ありません。
なぜなら、体重そのものの増減はあまり
ダイエット
には意味はありません。体重が減っても見た目太って見える事もあるし、体重が増えて
体脂肪率
が減ると見た目もやせて見えたりします。
値段は1万円前後で6000円台〜18000円台まで機能別に幅があります。
機能には左右の手足も計測できたり、骨の量がはかれたり、パソコンと接続したりと色々あるようです。自分が求めてる機能を探して後悔しない機能がついた
体組成計
を購入することをお勧めします。

○巻尺(メジャー)
これは色々な場所の太さをはかるものですね。バストやウェスト、二の腕の周りなど測るときに使う物です。購入する際は、大工さんなどが使う金属メジャーではなくて柔らかいタイプのメジャーを購入してくださいね。

○万歩計
人間は一日一万歩、歩くのがよしとされています。殆ど歩かない人は2000歩以下で、買い物などに徒歩で出歩く人で6〜7000歩、部活動などで激しく動き回っている人では10000歩を越すくらいとなります。
普通に生活していると何歩歩いたかなんて気にもしないので、万歩計などを持ち歩いて少しでも健康の為に歩こうかな?って意識を持つことが大事だと思います。

○記録用紙
自分の体重や体脂肪率などを記録できる
ダイエットブック
みたいに、紙でもパソコンでもブログでもいいので記録を残す事をお勧めします。達成度も分かるし、数字で目に見えて減ると嬉しいものですよね。

上記のような器具を揃えて、毎日記録するだけでちょっとだけ楽しみも出来、やせる事が出来ると思います。
「測るだけダイエット」
と呼ばれ実際に効果はあるそうです。
やせると言う事はポジティブでプラス思考の考えを持つことも大事だと思います。

ダイエットをしていて毎日体重が減ると言う事はないし、飲み会など食べたり呑んだりする日もあると思うので体重が増える日があったとしても仕方のない事だと思います。
これ食べたら体重が増えるなぁとか考える事こそがストレスとなり、次の日体重が増えてたり体脂肪率が増えてたりすると更にストレスを感じたりします。

ストレスをためるとそれこそダイエットの敵になるので、「まぁいっか!」「こんな日もある」って軽く考えるようにしてください。
口に出すだけでもそんな気になってくるので不思議です。

食べる量が多いと太る!のが人間です。でもやせる気持ちがあればやせられるのも人間です。ですので「そのうちやせるだろう」って考えながら飲み会などを楽しみましょう。

ダイエットとは、辛い思い、死ぬ思いまでしてやるものではなく、幸せになるためにやるものなので、ダイエットの方法や過程などを楽しみながらやらなければ続かないでしょう。

後は、しっかりと自分の目標を持ってそこを目指して楽しくやるのがダイエットです。苦しかったり辛かったりするのは続きませんし達成できません。
その目標を達成しても、続けないと元に戻ってしまいます。達成したら少し位は楽にしても維持できるようにしなければならない。
つまり、ダイエットは生涯やり続けなきゃならないということになります。

生涯と聞くと「無理」って思ってしまってやらなくなってしまうので、楽しく続けると言う事を心がけて一生続けると言う意識を持つようにしましょう。
ダイエットをしようと思ったきっかけっていったいなんでしょうか?

・周りに「太ったね」と言われたから
・昔着れてた服が着れなくなったから
・お腹の肉などが掴めるようになっちゃったから

上記のようなネガティブな理由がきっかけだと思います。
しかし、好きな人に「やせろ」と言われてやせなくちゃという思い出やせるのは決していいことではありません。
誰かに言われてやるのだと、ダイエットを「しなくちゃ」という義務感にかられ、嫌なイメージが頭に浮かび、ストレスが貯まるようになります。
ストレスが貯まると、発散するために食べすぎ、便秘になったりと身体によくない現象が起きます。

ネガティブな考えは捨てて、ポジティブになりましょう。
・やせたら、カッコイイ彼氏が出来るようになる
・やせたら、着れなかったカワイイ服が着れるようになる
・やせたら、お腹や足や腕などが出せる

だからやせましょう
と言う事が大事です

こうすると、ダイエットをするたびにプラスのイメージが沸いてきて、どうすればやせられるのか?と言う事が探しやすくなります。
楽しんで、かつやせられるっていうのは嬉しいですよね。

思えないという方は声に出して言う事、いいイメージを紙に書いて目に付くところに貼っておくというのも自然と意識の中に入ってきて重要な事です。

例えば社訓や心構えなどを会社の始業前に声に出していう会社があるじゃないですか。毎日声に出して繰り返す事によって、無意識に出来るようになったり身体に染み付いたりしてくるようになってきますよ。

いいイメージを持てるようにしてやせられるように工夫しましょう
目標と言うのはダイエットに限らず、立てる事が重要だと思います。
なんとなくやせたいなぁ、ダイエットでもするかみたいな感じだとやせられません。
イメージ目標みたいな感じで、自分がどうなりたいというのをイメージし、より具体的に目標に向かっていけるかで成功するかしないかは変わって来ると思います。

ダイエットの目標の立て方ですが、体重を減らすと言う事を目標にするのではなく、体脂肪率やお腹や太ももの太さなどを減らす事を目標としましょう。

まず、なんで体重を気にする必要があるのでしょうか?気にする人って本当に多いですよね。体重なんて言わなければ分からないし、個人差もあるし、体格や慎重によって異なるしで意味がないと思うんです。

体重が減れば、お腹や太ももが細くなる可能性は大いにあります。が、身体が太くなって見えても体重が落ちる場合もあります。りんごダイエットのように一つの物を食べ続けてやせるようなダイエットをした場合になります。こういった場合、筋力が落ちるため内臓脂肪とか付きやすくなり太って見えたりするし、筋力が落ちるので代謝も悪くなります。で、栄養失調状態に陥った身体が欲してるのは栄養なので、少しでも食事をするとそこから栄養を溜め込もうと身体が必死に働き、脂肪が急速に増える事になります。

密度は筋肉のほうが脂肪より大きく、重量が多いので体重は減ったように見えますが、体脂肪率が増えて、見た目的に太って見えると言う結果になります。
また、無理なダイエットをするとリバウンドが必ず来るし、拒食症になった場合、まれにしにいたる場合もあります。

上記は例えの例ですが、実際にあなたの身の上にも起こらないとはいいきれません。ですので十分気をつけてくださいね。

ダイエット成功の秘訣は、目標を紙に書いて、目に付くところに貼ったり、理想のプロポーションを持つ有名人の写真などを見てイメージしたりすることで、やせようと言う意識が無意識に働きやせやすくなると思いますよ。
皆さんバランスよく歩いていますか?バランスがいい歩きとは3点歩行で足裏を安定させて歩く事です。
3点とは「かかと」「指の付け根」「足指」の3点を指します。

モデルさんの歩き方をテレビなどでよく見てみると、地面をしっかりと踏みしめて歩いているのが分かります。

この歩き方をすると余計な負担が下半身にかからないし、全身のバランスを足裏でコントロールが出来るし、余計な筋肉や脂肪を脚に付けない様に歩く事が出来るようになります。

バランスをうまくとらないで歩くと、足が太くなっていきます。
キレイな足を作るには足裏にある3点を使ってうまく歩いてみてください。

まっすぐ歩く癖を付ける為に、開脚運動を行ってみましょう。脚を90度以上に広げて、手を前に出してゆっくり前に上半身を倒して行ってみます。
最初は出来ないかもしれませんが、毎日少しの時間でも続ける事によって、ひざを締めて歩く癖を身についていきます。大体期間的には1ヶ月程は様子を見るようにしてください。

食に関するダイエット等、色んなダイエット方法がありますが、場合によっては体に不調が出たり、悪影響が出たりする場合もあるので、十分注意して行う事が不可欠となります。

そこで、新陳代謝を上げる安全な運動をやってみましょう。
座布団やクッションなど、脚に置き、うつ伏せになります。もう一人はうつぶせになった人の足裏を優しく踏んでいきます。そうすると、血行もよくなり、うっ血がよくなります。その結果新陳代謝を上げる事が出来るのです。
「ダイエット」と「足やせ」というのは全然違うという事をあなたは知っていましたか?一緒にしているかたって結構多いと思うのです。

「ダイエット」とは脂肪燃焼と食事コントロールをする事。
脂肪燃焼とは運動をしなくてはいけないし、食事コントロールは好きなものが食べられなかったりします。ですのでほとんどの方が続かないし、途中で挫折しちゃうと思うのです。
辛いし面倒だし、難しいのでエステなどのサロンに頼っちゃったりする人も多いと思います。

でも、サロンなど、他の人の手を借りるというか、何かに頼るというかそういうのはあまりお勧めしたくはないですね。サロンに行こうが何しようが、結局は自分の基礎代謝をあげなければ成果が一時的な物だけしかなくて、元に戻ってしまう可能性が大きいからです。

では、”足やせ”というのはどういうのかというと、ダイエットのように基礎代謝をあげる必要も、食事コントロールをする必要もありません。
足やせに必要なのは、「身体を冷やさない事」「老廃物(毒素)を毎日出す事」の二つです。たったこれだけで足やせが実現できるというんです。

足が太いと気になっている人のほとんどは、多分むくみじゃないかと思います。
むくみというのは老廃物がたまっているので脂肪がどんどん付いて太くなる!という悪循環です。
原因が分かっているのなら、後は老廃物を出すということです。毎日リンパマッサージなどを家で実践するだけで足やせを実現できると思いますので、頑張って毎日毒素を外に出すようにしましょう。
足が太いというのには種類があり、「脂肪太り」「水太り」「筋肉太り」の3種類です。
一つずつ説明すると、「脂肪太り」は太ももなどを指でつまむ事が出来ます。それに膝の周りにもお肉がついている状態です。太ももの裏にお肉がついていて、筋肉のように固いけど、筋肉のような筋が出ていない!などの特徴があります。

解消法は食べ過ぎない事と適度な運動です。太ももを動かす運動。つまりスクワットなどがお勧めです。それと脂肪をストレッチやマッサージなどで柔らかくして脂肪を取っていくのも大事な事です。

次に「水太り」です。女性の約7割の方がこれで悩んでいます。男性に比べて筋肉がないのでリンパの流れが悪く、むくみやすいのが特徴です。一日特に何にもしてないのに足がだるくなったりします。太ももをちょっと押してみてください。白くなって元に戻りにくいとか、朝になってもむくんだままとかしている状態だとしたら、水太りです。

解消法は、血行不良が原因で起こっていますので、筋肉に沿ってリンパマッサージ(特に膝の内側)をしてみましょう。それに歩く事も大事です。筋肉を使わないとやっぱり血行不良に陥るので歩きましょう。後は入浴時の水シャワーも効果が大だと思います。

最後に「筋肉太り」です。筋肉はスポーツを辞めても変わらないです。食事を減らしたとしても変わらないです。ですので筋肉太りということになっていくのです。
見分け方は筋肉っぽいけど足が硬く、力が弱く、力を入れたとしても筋肉の動きがあまり見えないなどの特徴があるので見分ける事が出来ると思います。

解消法はこれを筋肉に戻す事ですので、やっぱり運動です。緩やかな運動をして、筋肉の萎縮を解消し代謝もアップし足やせが実現できると思います。
バランスのいい真っ直ぐな足!脚!が美しい足の条件に一番に挙げられると思います。

バランスのいい脚とは?具体的に言うと、かかとを付けて立ちます。太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶし、つま先の5点が両足に付いていて、接点の間には適度な隙間もある脚の事を言います。

5点の内どこか接触しない部分がある場合は、O脚や、X脚や体の歪みがあるのでは?と考えられるし、隙間がない場合は脂肪や、むくみがあるといった足のトラブルがあると考えられます。

本来、下半身太りとは何故身の上に起こるのでしょうか?
足やせで悩んで、色んなダイエットでやせようと頑張ってダイエットしてみて、結果効果が出ないとか、別のやせて欲しくない場所がやせてしまったとか、新たな悩みが増える結果となる人も少なくないと思います。
なんでそういう事になるんだろうかと悩む人が多いと思いますが、これは下半身全体が他の場所とは違った太り方をする事に原因があるのです。

「太る」メカニズムは脂肪細胞の中にある脂肪の数の多さが太る現象となっています。脂肪は入れ替わりをするのですが、出て行く脂肪が少なく、入ってくる脂肪が多いと結果太ってしまいますよね。
その出入りを調節しているのがレセプターという受容体の部分なのですが、脂肪貯蔵レセプター1個に対し、脂肪放出レセプターが6個付いているのが通常の脂肪細胞です。

ですが、下半身は逆で、脂肪放出レセプター1個に対し、脂肪貯蔵レセプターが6個付いてる事になるので、ほかとは違ったダイエット方法をしなければ、やせることが出来ないということになります。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ